野外イベントのチラシを出来るだけ安く作る

各市町村に大きめのグラウンドや空き地というものはあるものですが、夏場などイベントシーズンになれば多くの野外イベントが開催されています。こうした野外イベントは地域の祭りからフェスなど様々ですが、開催費用を回収するには近隣の住民の方に多く訪れてもらう必要があります。

こうした野外イベントの告知は市役所などの掲示版や市の刊行物などで行われることが多いですが、正直なところそれほど多くの方が見るものではないので、アピール効果も期待は薄くなります。

そこでおすすめしたいのがチラシを使った集客です。チラシと言っても新聞に挟む折込チラシではなく、地域住民にターゲットを絞ったポスティング・チラシで、こちらはボランティアや運営スタッフ総出で回れば投函費用も抑えることが出来ます。しかし、問題はチラシのデザイン費用ですが、実はこれらの費用はこれまでよりも大幅に安くなっています。

従来はこうしたチラシのデザインはデザイン会社に依頼し、見積もりを取って十万円以上はかかっていたのですが、最近ではネットを通してクラウドソーシング型の発注も可能になりました。こうしたネットを使った発注では一枚当たり2万円程度で十分クオリティの高いチラシを依頼することが出来るので、後は入稿用データを印刷会社に持ち込めばすぐにチラシの現物が手に入ります。

さらに最近では印刷会社にデータを送ると印刷からターゲット地域への投函も行ってくれることがあるので、時間が限られているイベント用意の際には非常にありがたい宣伝ツールになります。もちろん印刷だけを依頼して、自分達で配るとそれだけ費用も抑えることが出来るので、大幅に節約になります。

このようにお金をかけない宣伝としてチラシのポスティングは魅力的なものになります。この他にも最近でSNSなどを利用して拡散型の広告を配信するなど、広告宣伝の形態も様々なものがあるので、ぜひ予算や集客目標などに応じて使い分けて下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ