天候によってイベントが延期になる場合

日本各地には郷土のお祭りがあります。その年でしか見る事ができない踊りを見る事ができるので、他府県から訪れるお客さんも多いのです。特に東北あたりでは、来場者数が軒並み上昇して通りに人が殺到する状況に有ります。

これだけ盛り上がるのは、他府県では見られないようなイベントにするために多くの資金を投入している事が挙げられます。イベントで盛り上がることができれば、その県の認知度が高まり県民の人口も増えていく可能性が高いのです。

そんな事もあり野外イベントをするときには、去年のイベントよりも盛りだくさんの内容にして、集客を更に高めようという試みをする事が多いのです。

野外イベントの問題の一つは、予定していたイベントの時間になると雨が降ってしまうことです。巨大なステージを設置するコンサートなどの場合は、ステージだけはパワーテントで守られていて、とりあえず音響機器だけは濡れないようにする事は可能ですが、お客さんをカバーする事は無理なのです。

そんな事から、雨が降ったときには一時的にイベントを中断して雨が上がるのを待つ場合と、雨が降っていても続行する場合があります。相当な理由が無い限り続行する可能性は少ないのですが、途中でイベントが中止になると様々な影響があるのです。

そんな事から、とりあえず予定しているプログラムを最後まで継続させることが大事であり、多少の時間のズレ込みを気にすることなく、どんどんイベントを進めていくことが大事になってきます。

特に野外イベントの期日が近づいてきたときに、巨大台風が接近する場合があります。雨対策はできていても台風だけはどうしても避けることができません。

イベントに使う機材のダメージだけでなく、お客さんにも大きく迷惑になってしまう事からイベントが一週間延期になる可能性があります。ただ、露天の提供しているお店だったり、イベント会社やアルバイトスタッフなど全ての日程がずれ込むので、同様のイベントが提供できない可能性があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ