さゆり流、飲食店巡りの楽しみ方を伝授します

何を隠そう私さゆりは、食べるのが大好きなのです。しかしテレビでよく行われている、大食いと言った類ではありません。また、グルメ番組にありがちな味をレポートする類ともちょっと違います。基本的に食べる事が好きなので飲食店を巡るのが趣味なのですが、特に味や量、値段やお店の雰囲気などと言ったこだわりを限定しません。偶然のハプニングや出会いを求めるのが、さゆり流の飲食店巡りの楽しみ方なのです。

私の巡り方によく似たスタイルの番組があります。タレントさんが普通の町に出掛けて行き、その土地の人に出会ったり、お宅に上がって会話する番組です。私の場合はタレントではありませんので、そんな事をしたら怪しまれます。飲食店ならお腹も満たせて、ご主人と会話してもなんら問題がないので一石二鳥なのです。

さゆり流の飲食店の巡り方ポイントは、行く街の飲食店情報をまずはザッと調べます。そうしないと果てしなく歩く事があるからです。それぞれのお店の場所と内容を簡単にメモし、その時点でまずは候補のお店を直感で決めます。お店同士が離れている場合は、そこに直行します。しかし隣接している場合は、前を通って実際に見てから雰囲気で決めます。何やら運試しのような、直感当てクイズのような感じになっていますが、コレが意外と楽しいのです。

ネットで見たお店の情報と実際に外から見た雰囲気が、かなり違う飲食店も相当数ありました。そんな時には、やはり足を運ばなければ分からないものだと実感します。しかし、外観がピンとこなくても中に入ってその感覚が一変することも時にはあります。味が以上に美味しかったり、サービス満点だったりします。そんな時は、ネットの情報はあながちウソではなかったと安心するのです。

結局のところ、行ってみないと分からないと言うのが一番の感想です。そのため、現在のような飲食店巡りの方法に落ち着いた訳です。下調べと実地の調査を並行して行うスタイルです。コレが最も良い飲食店に出会える方法です。しかし私の場合、良い飲食店を探すと言うよりは、ハプニングや不満までも丸ごと楽しもうと言う姿勢なので、全てが楽しく思えるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ