お問合せはこちら

半狂乱!歌って踊り狂う、新時代の野外イベント!

今日本に熱いムーブメントが巻き起こっているのをご存知でしょうか?野外イベントファンならもう既に知っていますよね?そのムーブメントは海外に拠点をおいて活動しているとあるバンドが発祥だといわれています。一体そのムーブメントとはどんなものなのでしょうか?今回取材陣がそのムーブメントについての詳細な情報を手に入れることに成功したので、ここで大公開しちゃいたいと思います。

冒頭で野外イベントファンなら知っていると述べたのには理由があって、このムーブメントは野外イベントに関するものだからです。バンドが広めたとされたこれは、歌って踊り狂う、全く新しい野外イベントなのです。この野外イベントはそれだけで完結しません、いろいろなイベントに取り入れることのできる、野外イベントであり野外イベントではない、全く新しいモデル体型であるともいえます。

このように述べるとなんだかとても難しい物であるように思えてきませんか?大丈夫です、全然難しくなんかありません。要はディスコやクラブなどでスタンダードだったことを、野外で野外イベントとしてやってしまおうというだけの話です。なんだかとてもわかり易くなりましたね。ディスコやクラブには行ったことがあるでしょうか?若者がお酒を飲んで、踊って歌うための、ただそれだけのための空間ですがそこにはありとあらゆる熱狂が集っています。

ディスコ、クラブを利用する若者が求めているものはそれぞれ違います。あるいわ熱狂だったりあるいわ出会いだったりあるいわ情熱だったり…本当に様々です。その感じ、雰囲気を野外イベントで体験できるようにしたものが、今きているムーブメントの全貌なのです。
このムーブメント、名称が特に決められていないため、まだアレとかコノとかいう呼び方がされています。そのため日本では参加しづらいというのが難点ですが、もし参加することができたのであれば、その興奮と熱狂に十分浸かっておいたほうがよいでしょう。

野外イベントのチラシを出来るだけ安く作る

各市町村に大きめのグラウンドや空き地というものはあるものですが、夏場などイベントシーズンになれば多くの野外イベントが開催されています。こうした野外イベントは地域の祭りからフェスなど様々ですが、開催費用を回収するには近隣の住民の方に多く訪れてもらう必要があります。

こうした野外イベントの告知は市役所などの掲示版や市の刊行物などで行われることが多いですが、正直なところそれほど多くの方が見るものではないので、アピール効果も期待は薄くなります。

そこでおすすめしたいのがチラシを使った集客です。チラシと言っても新聞に挟む折込チラシではなく、地域住民にターゲットを絞ったポスティング・チラシで、こちらはボランティアや運営スタッフ総出で回れば投函費用も抑えることが出来ます。しかし、問題はチラシのデザイン費用ですが、実はこれらの費用はこれまでよりも大幅に安くなっています。

従来はこうしたチラシのデザインはデザイン会社に依頼し、見積もりを取って十万円以上はかかっていたのですが、最近ではネットを通してクラウドソーシング型の発注も可能になりました。こうしたネットを使った発注では一枚当たり2万円程度で十分クオリティの高いチラシを依頼することが出来るので、後は入稿用データを印刷会社に持ち込めばすぐにチラシの現物が手に入ります。

さらに最近では印刷会社にデータを送ると印刷からターゲット地域への投函も行ってくれることがあるので、時間が限られているイベント用意の際には非常にありがたい宣伝ツールになります。もちろん印刷だけを依頼して、自分達で配るとそれだけ費用も抑えることが出来るので、大幅に節約になります。

このようにお金をかけない宣伝としてチラシのポスティングは魅力的なものになります。この他にも最近でSNSなどを利用して拡散型の広告を配信するなど、広告宣伝の形態も様々なものがあるので、ぜひ予算や集客目標などに応じて使い分けて下さい。

お祭りで食べたケータリングカーのお好み焼き

今年初めて生でだんじりを見ました。
毎年季節になるとニュースで映像が流れるあの有名な岸和田のだんじりです。
私の旦那は岸和田で生まれました。
と言っても、高校卒業と同時に関西をでているので今はもうだんじりを引いていません。
今年はたまたま夫婦そろって関西に帰る用事が出来たので、旦那の生まれ育った町を見ていくことにしました。

岸和田駅につくと町中の人がごったがえしていました。
この町の人はこの日を一年中楽しみにしているのです。
威勢の良い掛け声と太鼓の音が鳴り響き、同時に勢いよくだんじりを引いた男たちが駆け抜けます。
皆日に焼けていて男らしいです。
ねじり鉢巻きとはっぴが良く似合っています。
それぞれの街ごとにだんじりに特徴があるらしいのですが、よそ者の私にはどれも同じに見えます。

ふと、出店にまざってお好み焼きを売っているケータリングカーを見つけました。
ソースの匂いに食欲をそそられひとつ購入しました。
外で食べるお好み焼きはいつもより美味しいです。
そのケータリングカーで買ったお好み焼きは、どこかなつかしい味がしました。

私の生まれ育った町でも毎年夏になると小さな夏祭りが開かれました。
それは何もない田舎町の夏の最大のイベントごとでたいくつなその町での唯一の楽しみでした。
そこの夜店で食べるお好み焼きが当時の私にとって何よりもごちそうでした。
ケータリングカーで買ったそのお好み焼きは、私が生まれ育った小さな町の小さなお祭りを思い出させました。
何も知らないこの町のお祭りが私の生まれ育ったちいさな町の小さなお祭りとつながりました。

だんじりは何周も何周も日が暮れるまで一日中町内をかけめぐります。
そして来年も再来年もその次も、その日を楽しみにしながらこの町の多くの人たちは生まれ育ったこの町で人生を終えます。
生まれ育った町を早くに捨ててきてしまった私にとって、そんな生き方は退屈にも思えるし、とても素晴らしいことにも思えます。
早くこの町を出たいと切に願い続けたあの日の私が、何にもない小さな町のどこかで静かにその日を待っています。

飲食店を続けていくのは本当に大変

飲食店というのは本当に色んなところにあって、やっていくのが大変そうだなといつも思ってしまいます。
だからといってどうするわけでもないのですが、こんなにお店があってどうしてやっていけるんだろうと思ってしまうことはよくあります。
街中なんか凄いですよね。
一つのビルにいくつものお店が入っていたりしますし、ビル街なんかだとここ一帯にいくつお店があるんだろうと思ってしまいます。
そんな中で何十年もやっているお店があるわけですが、よく考えると本当に凄いですよね。
こんなにお店があってどうしてやっていけるんだろうと漠然とではありますが思ってしまいます。
きっと、そのお店にしかない魅力があるのでしょう。
リピーターも多いのかもしれないですね。
以前住んでいた家の近所には、創業50年という喫茶店があった気がします。
残念ながら行くことは出来なかったのですが、せめて一度は行ってみればよかったですね。
知る人ぞ知るというお店みたいです。
母は何度か行ったことがあるみたいですが、オムライスが本当に美味しいらしいです。
行く機会があったら行ってみようかなと考えています。
それまでお店があればよいのですが。
お店を開くこと自体が難しいのかどうかは私には分かりません。
ただ、続けていくのは本当に難しいことなのだなとは思います。
開店してはすぐに無くなっていくお店を何度も見てきました。
やはり、ある程度は続いてほしいものですね。
あまりに早く閉まってしまうと、全く馴染みのないお店でも悲しくなってしまいます。
従業員の人はどうなるのかなとか、お得意さんは悲しいだろうなとか、そんなことを考えてしまうのです。
考えすぎでしょうか。
でも、きっとどんなお店でも大切に思っている人はいるはずです。
そんな人たちにとっては、閉店は本当に心苦しいでしょう。
長く続いたお店なら尚更です。
どういう理由で閉店するのかは様々でしょうが、色んな人に愛されているお店はなんとかして続けてほしいなと思ってしまいます。

用途に合った飲食店をチョイスして飲食を楽しむ

飲食店とは注文した料理や飲み物をその場所で提供してくれる場所のことをいいます。しかし飲食店にも様々な種類のものがあり、そこでどのような時間を過ごしたいかによってチョイスが異なってきます。たとえばゆっくりと食事を楽しみたいという人はレストランや個室を提供してくれる飲食店をチョイスすることができます。またこれに加えて美味しい料理を味わうことが目的なら、高級な素材を用いた料理を提供してくれる飲食店をチョイスできます。
しかし美味しいものを食べることが目的であり、ゆっくりとくつろげる空間は必要ないという人もいます。そのような人は多少古かったり、多くの人で混み合ってはいるものの美味しいものを安い値段で提供してくれる飲食店を訪れることができます。また最近では美味しくて高級な料理を提供してくれる立ち食いレストランなども存在し、食事にこだわりを持っているものの場所や雰囲気などは気にしないという人に人気があります。
またとにかく食べ物や飲み物の値段が安く、長居できる飲食店はファストフード店です。若者から大人に至るまで、多くの人がこのような場所を用いて友人と楽しい一時を過ごしています。またなかにはキッズ広場を設けているファストフード店もあり、小さな子どもを連れてくるお母さんたちが子どもを気にせずに楽しい一時を過ごせるように工夫がなされています。
この他にも安くて美味しい料理をお腹いっぱい食べたいという人向けの大衆食堂や、食事と一緒にアルコール類を飲むことができる飲み屋などが存在し、多くの客がこのような場所を訪れています。また最近ではインターネットのWIFIを無料で使用できる飲食店などもあり、インターネットを使用できる落ち着いた空間と、食べ物や飲み物を提供する飲食店も存在します。このようなものは時代を象徴する飲食店であるといえます。このように様々な飲食店が存在し、ニーズに合った仕方でチョイスすることができます。

ケータリングは客もオーナーにも良いことだらけ。

最近東京都心部を歩いていると、ケータリングカーつまり移動式の飲食店が増えているように感じます。そして、人気のケータリングカーの場合は実店舗と同じく、多くの行列が出来ています。そして、ケータリングカーといえばビジネスを始める側からしても、客としてもどちらも大きな利点があるものだと思います。

まず、移動販売車といえば実店舗に比べ、開業のハードルが低いことが利点です。見ればわかることだと思いますが、ケータリングカーは土地や店舗を借りる必要もないし、建物を新しく建てたり建築する費用も一切かかりません。もちろん、移動販売をするときは許可を取ることが求められますが、トータルで考えると開業のハードルはかなり低いです。

そして、私たち消費者の視点でこれを見ると、ケータリングカーは実店舗と違う雰囲気を味わえることです。例えば、私自身がよく利用をするのがハンバーガーの移動販売です。ケータリングカーで販売されているハンバーガーを、外で食べるのはやっぱり何か違うと思います。何となく、実店舗以上にアメリカンな雰囲気を味わえるので、私は定期的に利用をしています。

そのため、単純にケータリングカーで飲食物を買うことは楽しいです。特に、家族連れやカップルで訪れる際にお勧めできるものだと言えます。また、ケータリングカーでは地方のおいしいものが都内でも味わえるといった、楽しみも存在をしています。私も、以前とある県のB級グルメを販売するケータリングカーを、利用したことがあります。その県には訪れたことがなかったのですが、それをきっかけに行きたくなったほどです。

このように、ケータリングカーはビジネスを始めたいという人にも、サービスを利用したいという人にも、たくさんの利点が存在しているわけです。事実、最近は移動販売車への人気は更に高まっており、人々から支持を得られる販売方法となっています。その結果、私たちも楽しくおいしく食べ物を食べられるので、とても良いことだと思います。

お墓参りに行く途中で食べるあのカレーが好き

私はここ数年、お墓参りに行くとその途中でいつも同じレストランに寄ってカレーライスを食べます。
カレーは元々好きなのですが、ここのカレーにすっかりはまってしまいました。
それはそれはもう面白いくらいにです。
本当はしょっちゅう食べたいのですが、決して安くは無いため、年に数回のお墓参りのときに食べるようにしています。
このくらいで丁度いいのかもしれません。
美味しく食べることが出来ます。
しょっちゅう食べていると、ここまで美味しくは感じられないかもしれません。
それもなんだかもったいないですね。
どうせなら美味しいと毎回感じたいものですし、もしかしたらあまり慣れてしまうと寂しいのかもしれません。
毎回新たな感動があるというのは、人として幸せなことなのかもしれません。
ここ数年ずっと同じものを食べているので、家族には呆れられていますが、好きなものを食べているだけなので引け目は感じていません。
最近は親戚にもカレー好きがバレてしまい、それはなんとなく恥ずかしいですね。
子供ならまだ可愛いのかもしれませんが、私は大人です。
でも、外食すれば9割はカレーを食べているので、仕方ないですね。
子供っぽいと思われていなければよいのですが。
ですが、子供が食べるような甘いカレーは一切食べないですね。
大体、中辛や辛口です。
そうでないと満足できないと言いますか、辛いほうが美味しいと感じるんですよね。
外食で食べるカレーは大体辛いので、余計食べてしまいます。
甘いカレーはほんのたまに食べるくらいならよいですが、いつもとなるとちょっと違いますね。
私はそもそも辛いものが好きなので、多少のスパイシーさは欲しいのです。
お墓参りの途中で食べるカレーはそのあたりが絶妙で、本当に大好きです。
本当だったら家族にも食べてほしいのですが、辛いものがそこまで好きではないので仕方ないですね。
自分だけで楽しもうと思います。
ですが、違うお店も開拓してみようかなとも思っています。

飲食店で飲食するときに注意していること

 飲食店に入ったときは、料理の評価以外でなるべく不快に感じないよう意識して努力しなければいけないと私は考えています。飲食店で飲食を済ませて外へ出たときに「満足できたな」と思えるように、こちらも意識しているのです。

 まず、飲食店へ入ったときは、自分が入店したということをホールスタッフにきちんと認識させることが手始めです。入店したらホールスタッフが必ず出迎えてくれるような飲食店ならその心配はないですが、そうでないチェーン店系の牛丼屋やラーメン屋などは、入店して着席したにもかかわらずホールスタッフがオーダーをとりにこないということが結構あります。そこで待たされてしまったのでは時間の無駄ですし、飲食店に対する印象は間違いなく悪くなってしまいます。ですから、それを防ぐために店内へ入店したらすぐに着席をするのではなく、ホールスタッフに自分が入ってきたことを確実に知らせてから着席するようにします。

 ホールに空席が少なくてまだ下げていない食器が置いてある場所に座ってしまったりすると、忙しい店員はその食器を下げに来なくてまったく気づかれないということがありますので、そういうときは一層配慮する必要があります。

 席についてオーダーを伝えるときは、ハッキリと言葉を発してオーダーの復唱についても注意して聞きます。そうすればオーダーした物が間違って配られる可能性はグッと低くなりますし、きちんと運ばれてくることが期待できます。

 食べ終わってから会計をするときも、他の人が会計をしている後ろに並ぶよう心がけています。そうすれば、会計時にホールスタッフがいなくて呼ばなければいけないという事態を回避することができますので、一手間の煩わしさを感じなくて済みます。

 そうして、飲食店で飲食を済ませて外へ出たときに「満足できたな」と思えるようにするための努力は、やっておくに越したことはありません。飲食店側がミスをしてもイライラしないように事前準備しておくと、満足しやすくなります。

ラーメン屋の親父から聞いたウンチク

私には行きつけの飲食店があるのですが、そこはラーメン屋です。川崎のとある郊外にある店で、辺鄙な場所にありながらも、なかなかのこだわりの一杯を供するということで、知る人ぞ知る名店と言われています。ラーメンの種類は3つ、醤油ととんこつと味噌です。普通、何種類ものラーメンを並べる店は信用ならないものですが、こちらは例外中の例外。どれを食べても一級品の美味しさです。とりわけ、九州は佐賀県の麦味噌を使用した味噌ラーメンは、ちょっと他では味わえない逸品です。甘い麦味噌と魚介系でとられたダシとの調和が素晴らしく、私にとってはナンバー1の味噌ラーメンと言えるかもしれません。透明な和ダシをベースとした醤油ラーメン、濃厚な豚骨を煮だした豚骨ラーメンもまた絶品であって、このラーメン屋から離れたくがないために、私は何年ものあいだ、通勤には不便なこの土地に住みつづける羽目になっています。

ところで、そちらのラーメン屋の親父から教わったウンチクがあります。ラーメン屋の店主がどのようにして客を見ているかという判断基準の話です。彼によると、所見の店で大盛りを頼むのは素人の証だそうです。というのも、スープと麺の分量の比率は繊細なものらしく、麺量を増やすとバランスが崩れてしまいかねないからだとか。そのため、ラーメン通は初めて訪れる店では、その店のベストを味わうためにも、普通盛りを頼むのが乙なことだということです。同じように、麺の固め・柔らかめを頼むのはもってのほかだとか。近頃は麺固めで頼むラーメン通気取りが多いが、麺の美味しさを味わう茹で加減はつくり手が一番よく知っているものであり、それに逆らってはならないと息巻くのです。いやはや、このように書くと、まるで彼が昨今流行りの頑固職人のようですが、そうではありません。普段はとても物静かな方で、客に対しても穏やかな礼節で応じる人です。このときは、私が常連客で、たまたま店内に客がいなかったため、普段から感じていた不満が栓を抜いたように湧き出てしまったのでしょう。いささか驚きましたが、ラーメン屋の本音が聞けて、私にとってはむしろ愉快な経験となりました。

飲食店でのアルバイトをバックれた時の話

今思えばとても悪いことをしたと思うのですが、その時は自分のことで手一杯で、バイト先の人たちのことを考える余裕なんて微塵もありませんでした。当時私は飲食店のアルバイトをしていました。そのアルバイトは面接こそ受けましたが、親に紹介してもらった親族のお店でしたので、面接はあってないようなものでした。アルバイトの内容は主に接客で、注文を受け取ってオーナーに伝えるだけのものでしたが、その日は欠員が出たとかで厨房を任されていたことを記憶しています。また、私はその時高校を辞めるかどうかの瀬戸際に立たされていました。イジメが原因です。
高校を変わらなければいけないくらい、私はイジメによって追い詰められていたのです。そんななか、普段任されている接客ではなく、経験したこともない厨房に研修もなしで入れというなんて、あまりにも無茶というものです。私は自分の体と心に鞭を打って、なんとかして業務をこなそうとしましたが、どこかで心が折れる音がしてしまい、最後までこなすことができませんでした。
だんだんとこんな仕打ちをするオーナーにたいして腹が立ってきてしまい、頼まれてもいない五目ごはんを五号も炊いてばっくれたのです。今でこそ笑い話にできますが、当時は情けなさとオーナーへの怒りで肩が震えていたような気がします。オーナーもせっかく雇ってやったのに、五目ごはんつくられるわ、バックレられるわで散々ですよね。その時の親戚のオーナーとは今とても仲良くしているので、笑い話にできますが、当時は本当に間違っても笑えるような状況ではありませんでした。
高校は結局やめるようなことになってしまいましたが、その後に編入した高校では非常に良い高校生活が遅れたと思っています。それもこれも全て、もしかしたらあの時の飲食店のアルバイトのおかげかもしれません。笑い話として飲食店のアルバイトをバックれた話をここにかけるのも、またあのオーナーのおかげなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ