お問合せはこちら

大好きなピザのお店をいつか開きたいと思っています

私はいまアルバイトをしています。アルバイトも楽しいのですが朝が早いのが大変です。ケーキ屋さんでアルバイトをしているのですが早いときは朝の4時から働いています。もっと楽な仕事があれば職場を変えてみたいと思っています。ですから時間があればネットでいろいろな就職サイトみたりして仕事を探しています。

少し前に仕事を探していたらバイナリーオプションで月に100万円を稼いでいる自宅警備員の方の話を読みました。自宅警備員をしながら100万円も稼いでいるなんて本当に立派だと思います。私もバイナリーオプションなら早起きしなくても良さそうだったので挑戦してみようかなと思いましたが難しそうだったので今は考え中です。

今はできれば自分で飲食店を始めてみたいなと密かに考えています。飲食店を始めるならピザ屋さんが良いかなと思っています。私はピザが大好きなのでピザにはちょっと詳しいのです。休みの日はいつも宅配ピザを注文してピザの研究をしています。私がいまいちばん好きなピザはピザカリフォルニアです。ピザの生地の甘さを充分に活かした焼き方をしていると思います。ピザカリフォルニアの次に好きなのてがアオキーズピザです。アオキーズピザもピザカリフォルニアに負けないくらい生地の焼き方が丁寧で生地の美味しさが引き出されていると思います。ピザカリフォルニアとアオキーズピザの次に好きなピザはいろいろとありますがシカゴピザファクトリーが良いかなと今は思っています。

このようにピザのことになるとは1時間は軽く話ていにれます。ひのピザの知識を活かしていつか自分でピザの飲食店を開きたいと思っています。でも飲食店を開くにはお金が必要です。お金は銀行に行けば誰でも貸してもらえるのかと思っていましたが、アルバイトでは貸してもらえないそうなのです。銀行はダメでも消費者金融であればアルバイトでもお金が借りられるそうなので自分で飲食店を開くときには消費者金融からお金を借りようかなと思っています。いつか自分で焼いたピサを出せる飲食店が持てるよう頑張りたいと思っています。

野外イベントで見ず知らずの他人と交流

 私が野外イベントに対して積極的に参加する理由は、見ず知らずの人と気軽に交流することができるからです。誰かと出会って知り合いになることは、とても楽しくて有意義なことです。それは人間関係を広げるという意味で人生を楽しくしますし、その出会いからいろいろな人の縁が生まれていきます。また、たとえそこまでの関係にはならなかったとしても、見知らぬ人と同じ話題で話し合ったり、あるいは一言二言だけでも会話をすることは、日常生活のとても大きな刺激になってくれます。

 野外イベントに参加すると、同じ目的を持った人たちと遭遇することができます。それはどこの誰だかまったくわからないわけですが、それでも交流を持とうと思えばいくらでもできます。食べている食べ物がおいしい、行き方のわからない場所を聞いてみる、イベントに対してちょっと感想を伝えてみるなど、ほんのちょっとしたことから他人との交流が生まれます。

 また、それは運営スタッフに対しても同じことで、ねぎらう声をかけたりなどすることにより、とてもささやかな会話が生まれたりするのです。

 それに対して何も魅力を感じないという人ももしかしたらいるかもしれませんが、それではちょっとさびしいです。せっかく同じ野外イベントを目的として集まっている人がいるのですから、たった少しのコミュニケーションでもないよりあったほうが良いのは言うまでもないことです。

 その野外イベントで交流することにより何かが劇的に変わるというわけではないのかもしれませんが、それでも心境的な変化があって不思議ないです。人生はそうした変化の連続を受け入れていくことで行く先が変わったりもするのですから、それならば積極的にその経験をしていっても良いはずです。

 野外イベントに参加することで人と交流できればそれだけでストレス解消になりますし、そうでなければいけないと思います。ですので、これからも野外イベントには積極的に参加したいです。

屋外でケータリングカーメニューを楽しむ

お天気の良い日に街をブラブラと散歩すると、ケータリングカーが出店しているところに遭遇します。メニューは様々ですが、どれもつい手を伸ばしたくなるようなおしゃれなメニューで、しかも気軽に食べられるように工夫がされており、尚且つレストランやおしゃれなカフェに比べたら価格も安いというメリットがあります。

特にお天気が良い日には、店舗の中にいる必要はなく、青空の下で食事ができたらどんなに美味しいだろうと思います。そんな時には、ケータリングカーのメニューが最適なのです。ケータリングカーのメニューはちょっとしたお金で購入できるものが多く、ここ数年はメニュー決めもワンコインでという安価設定を先にしてからという場合も多いようです。ランチ専用のケータリングカーがワンコインで、メインとライス、サラダもつけるメニューで提供するのと同じです。

ケータリングカーで売られているのはランチだけではなく、代表的なクレープやタコ焼き、焼きそば、ハンバーガー、ホットドック、ブームにもなった揚げパンやメロンパンなどが人気です。聞いただけでお腹が空いてきますが、食欲をそそるようなメニューで提供するのもコツのひとつです。

また、ケータリングカーを利用するのは年齢や性別を問いませんから、できるだけ片手で持てるようなサイズと内容量にすることも必要とされます。豪華で大盛りならそれでよいというわけではないのです。先に挙げたクレームやたこ焼きは、それこそ手で持って食べたり、爪楊枝でひとつずつ刺して食べられるようなものです。クレープは歩きながらでも食べられる代表的なスイーツですし、ホットドックやハンバーガーはかぶりつけます。

さらに、これらのメニューの特徴は特別な容器を必要としていないことです。紙で包んだり、入れ物を簡単につぶせるような柔らかさのものを使用するなど、購入した人にもケータリングカーで営業する人にも負担がかかりません。ある意味、ケータリングカーのメニューはこのような点も基準の一つになっています。

最近の野外イベントは種類が増えましたよね

野外イベントは大人にとっても子供にとっても楽しめるとても良いイベントですよね。
私が子供の頃は、野外イベントというと祭りくらいしかありませんでした。
年に一度くらいしかありませんから、それはもう楽しみで楽しみでしょうがなかったです。
前の日は興奮しすぎてなかなか眠れなくて、両親によく怒られたもんです。

最近では野外イベントの種類も増え、祭りの他に大きな公園での飲食のイベント、音楽イベント、大きなフリーマーケットなどたくさんになりました。
どれも楽しいものばかりですよね。
大人になった今でもワクワクします。

飲食のイベントなんかは昼間からビールが飲めたりしますし、食べ物も美味しいですし、まったく言うことなしです。
我が家の子供も飲食系のイベントは大好きで、あっちに行っては食べ、こっちに行っては食べしています。
大体食べ過ぎて夕飯が食べられなくなり妻に怒られるんですが、それでも毎回お腹いっぱい食べて満喫しているようです。

音楽のイベントは子供というよりは私が楽しんでいます。
昔から音楽が好きでバンドなどもやっていたので、毎回とても楽しいです。
ただ、音楽の野外イベントは会場が広く、あっちに行くにも数十分歩き、戻ってくるのに数十分歩きとくたくたになるのでそれだけが難点ですよね。
帰りにはくたくたなのはもちろん、数日は筋肉痛で苦しみます。

フリーマーケット系の野外でのイベントは主に妻が楽しんでいます。
売る方で参加した事はまだ一度もないんですが、買う方は年に何度か参加しています。
案外綺麗な品も多く、新品かと思うほどのものもいくつもあります。
勢いで買ってしまい、家に着いたら何でこんなもの買ったんだろうと思うような買い物も多いのですが、それも含めて楽しめるので良いイベントだと思います。

野外でのイベントは開放感もあり、天気が良ければ本当に気持ち良く楽しむ事が出来ます。
さすがに真冬などは厳しいですが、わりと一年通して何らかのイベントがありますので、まだ未体験の人は一度は参加してみたら良いと思います。

料理ができなくても飲食店の経営者になれる

飲食店の経営ってしてみたくありませんか?雇われる側ではなく、人を雇い、お客さんに料理を振る舞い、事業として継続させていく事は誰にでもできる仕事ではありませんが、お店を開店させること自体はお金さえあれば基本的に誰でも可能です。

開店費用は600万~1000万までとそれなりに必要となりますが、その程度の費用で開店出来ると思うと、狭き門ではありません。飲食店ですから美味しいものを提供するのが前提となりますが、今では自分で料理ができなくてもオーナーとしてお店を持つことができるため、海外旅行をした時などに美味しいものと出会った結果、交渉によってその店を日本に出店させている人もいるので、飲食店の形は様々あるというのがわかると思います。

飲食店を経営する場合、一攫千金を狙うような成果を残すのが正解ではありません。テレビや雑誌に特集されて、その反響で毎日のように行列ができる店になりたいという願望があれば別ですが、普通の仕事と同じように、ある程度の収入さえあれば良いと思っている人でもできる仕事です。
飲食店経営のノウハウは、書籍で学ぶことができます。世の中には、数多くの成功者がいるので、そんな人たちの話が聞ける書籍は大事なツールと言えるでしょう。最近では、ネットの動画サイトを通して情報を発信している経営者もいるので、それらを活用するのもいいかもしれません。

とはいえ、一番手っ取り早いのは自分が興味を持っている飲食店や会社で働くことです。スタッフとして、社員として働くことで、実際の段取りやノウハウを肌に感じながら学ぶことができるので、常に自分の中で消化しながら飲食店の経営に携われるのが最も良い点だと思います。

先にも書きましたが、飲食店経営はやり方や自分のポジションをどこに置くかによっては、自分自身が料理ができなくてもできる事業です。もし興味があるのであれば、今すぐにでも行動を起こし、まずはお金をためるところから、もしくは経営の本をたくさん読んで準備を始めるところから取り掛かってみると良いと思います。

OL時代のランチで利用した、ケータリングカーの思い出

OLの頃、表参道に勤めていたため、ランチするのが毎日の楽しみでした。表参道にはお洒落なお店がひしめき合っていました。ネットで調べて、かなりのお店に行ったのを思い出します。

しかし外食は、金銭的言って週に2回が限度でした。あとの3日はお弁当を購入していましたね。お弁当屋さんも各種揃っていたので、そちらも楽しみのひとつではあったんです。

そんな中、ある頃からケータリングカーが頻繁に出るようになり、私もよく利用したものでした。原宿界隈ではお馴染のクレープのケータリングカーをよく見かけていましたが、同じスゥイーツでも、ジェラートのお店がよく出店していました。

だいたい同じ場所で見かけたのですが、転々と移動する様で1ケ月後には来なくなってしまいました。当たり前と言えば当たり前ですよね。移動販売できるのがケータリングカーの魅力なのですから。

その後も、各種の食べ物のケータリングカーを見かけました。多くはランチ対応の商品でした。作って持って来たものと、その場で準備するものを併用して、容器に詰めて渡すスタイルが主流でした。だいたい数種類のメニューがあるため、数日間は通って食べつくしましたね。洋食もあれば中華もありました。パン類のメニューも結構多かった気がします。中には珍しい海外料理の場合もありましたね。しかし表参道の場合、一日中人が歩いており、また若者も多いため、スゥイーツのケータリングカーの方が出店数が多かったように思います。その時々に流行りのスゥイーツがありましたが、そんな流れを取り入れたケータリングカーは、列ができるほど盛況していました。

あのような仕事なら、女性にもできそうな気がしました。もし私がやるのであれば、やはりスゥイーツ関係が良いと思います。準備も手間も食事よりは簡単そうで、客数も食事よりは多い気がします。可愛い感じのケータリングカーに改装して、それらしい服装にして笑顔で接客したいと思いました。とびきり珍しいスゥイ―ツメニューを考案するのも楽しいでしょうね。などと夢は膨らみますが、ひとつ大きな乗り越え難い問題がありました。何と言っても私には、車の免許がないのです。

野外イベントの成功に天候の影響は意外と少ない

野外イベントは天候に左右されがちという考えが先に浮かぶせいか、まだ行ったことのない人はチケットを買うのに躊躇している人も多いかもしれません。というのも私の友人がそういう先入観を持っていたので、あの楽しさを経験したことないのは人生の中で大きなロスだと思い、私がタダでもらったチケットをあげて一緒に行ったことがあります。

すると、当日は天気予報が外れて朝から雨が降ったのにもかかわらず、一緒に行った野外イベントは友人もとても楽しめたみたいで、これからは自分でお金を出してでも行きたいと言っていました。

確かに晴れているときのほうが外で行うことにデメリットはほとんど感じないからいいものの、ちょっと天候が安定しないくらいではあの独特の一体感に水を差すなんてことはないとはっきり言えます。私も初めて野外イベントに参加する前はそういった考えを抱いていたタイプで、たとえばDVDなどで見れるライブ映像でも雨の日のものが少なくないし、なんでこんなコンディションの悪いときのものを収録するのだろうと不思議でした。

でも、一度経験したらその考えは一変してこういうときだからこそ出せるアーティストの真の実力と客席の雰囲気が手に取るようにわかり、同じライブ映像でも画面越しから気迫が伝わってきたのです。

もちろん映像だけでは魅力が半減してしまうため、野外イベントでライブをするときには自分で参加していないと損だと思うようになり、有給を使ってでも出来るだけスケジュールを調整して季節ごとの連休にはアーティストの応援に駆けつける努力をしています。

今はCDよりもライブ主体で活動する人が増えていることもあるのか、フェスみたいな多くの出演者が登場するものだけでなくワンマンの割合もかなり増えてきた感じがします。私が普段からドライブ中に流している曲の歌手もそういう方向に切り替えてきたので、今まで以上に野外イベントに行く機会が増えていきそうな予感がして今から楽しみです。

野外イベントという枕詞のついた盆踊り大会

絶賛反抗期中な中学生の息子が小学生の時の出来事です。
子どもが、子供会主催の盆踊り大会のチラシを持って返ってきました。
メインは盆踊りのようですが、ヨーヨー釣りや綿あめなどの子どもの喜びそうな屋台も出店するらしく、大喜びでチラシを見せてくれました。

そのチラシを見た時に、なんとも不可思議なしっくりいかない気持ちが沸き起こってきました。
この不快感は一体なんなのだろうとじっくりチラシを見ると、そこに「野外イベント」という文字を発見しました。
盆踊りは、なんともノスタルジックでレトロな、昭和を感じさせる響きですが、野外イベントは現代風のモダンな感じに早変わりです。というか、盆踊り大会がまさか野外イベントのカテゴリーに入るものだなんて、昭和の私には思いもよりませんでした。

野外イベントという言葉のイメージから、私は若い子の集まり的な、そんなものをずっと想像していたのですが、漢字のみに焦点を当てて考えてみれば、屋外で行われるイベントという意味です。すっかり「イベント」という横文字マジックに騙されてしまった、一本取られた的な気持ちになりました。

でも、もしかして野外イベントという枕詞的なものが使われているくらいだから、昭和チックな盆踊り大会よりも平成風な盆踊り大会になっているのかもしれない、そんな思いが頭をよぎりました。子供会の役員の方たちも、今や20代や30代前半の若い人が多いので、考えることも斬新かもしれません。

物は試しということで、私もこっそりではありますが、見学へ行くことにしました。なぜにこっそりなのかというと、子どもがお母さんには来てほしくないと言ったからです。私もこの頃はお母さんと一緒というのは気恥ずかしさを感じたので、子どもの気持ちを尊重して陰でちょこっと見て帰ることにしました。

盆踊りらしからぬ、モダンな音楽の流れを感じながら会場に近づいていきましたが「ザ・盆踊り大会」という言葉が全くふさわしい仕上がりでした。
なるほど、昔と現代をうまく融合させたものがここにあるのだと実感し、会場を後にしました。

野外イベントの情報を探すならネットが便利です

無料、有料の問わず野外イベントは楽しいです。普段の生活では感じられない開放感やインスピレーションを感じられたり、初対面同士で仲良くなるコミュニケーションの場が生まれたりと、計画された楽しみではなく突発的に起きる出来事を体験できるのが野外イベントです。

野外イベントを探す場合に便利なのはネットの情報サイトです。もちろん書店に行って専門雑誌を読み込めばある程度の情報は入ってきますが、音楽なら音楽、食べ物関係なら食べ物関係の雑誌を読む必要があるため、情報が偏りがちになります。そのため、幅広く情報を仕入れて、いろんな野外イベントに参加する機会を得るためには、多種多様な情報が掲載されているネットの情報サイトが便利なのです。

野外イベントは参加するだけでなく、自分自身が主催者となり開催することも可能です。イベント開催を手伝ってくれる専門の業者もいるため、イベント開催までのプロセスは以外と簡単だったりします。また、イベントに参加する参加者を集める場合にも、今ではSNSがあるため、それをうまく利用すれば無料で宣伝もでき、多くの参加者を募ることもできます。

野外イベントで飲食を販売したりするとなると、それなりの資格が必要になりますが、それらの資格を取得するのは意外と簡単で、その一つとしては野外イベントを開催する地域の保健所の指示を仰ぐ方法があります。もしくは、先に挙げたイベント専門の業者に依頼すれば、資格を持ったスタッフに参加してもらうことも可能なので、面倒な手続きをせずに、野外イベントで飲食を販売するのも容易くなります。

野外イベントの形は様々です。B級グルメという言葉が生まれてからは、関連のイベントが頻繁に行われるようになりましたし、以前にも増して音楽関係の野外イベントも数多く開催されるようになっています。外出するのが好きではない人もいると思いますが、興味が少しでもイベントを見つけたら一度くらいは参加してみてください。きっと新たな楽しみを見つけることになると思います。

アウトドアで食事は気持ちいいぞ~

野外イベントにもいろいろありますが、人気のイベントはやっぱり食べ物にからんだイベントでしょうね。日常では食事は室内でとることが多いというかほとんど室内だと思います。ですから野外で食べるというだけですでにテンションが上がるんですよ。

だって自分の子供の頃の運動会の昼食や遠足の昼食なんてテンション上がりまくりだったでしょう。また祭りの屋台のたこ焼きや焼きそばやいか焼きとかソースやしょうゆの焦げたにおいを嗅ぐだけで食欲全開になってしまします。野外というシチュエーションと食べ物の相性がとにかくいいんだと思います。これらはもう体験的に私たちの脳裏に刻まれていますので「野外」と「食べ物」が結びつくだけでハイテンションになってしまうのです。

そんな野外イベントで今一番人気があるのはご当地グルメを集めた「B級グルメ選手権」のようなイベントです。行楽シーズンの春や秋には全国各地で行われます。中でも必ずと言っていいほどメニューに入っているのは焼きそばとラーメンとカレーです。ご当地グルメの定番ですね。逆にこれがないとイベントが盛り上がらないくらいですよね。この3つのメニューはすでに日本の国民食と言っていいでしょう。B級グルメ選手権でも過去グランプリに輝いたメニューはやっぱり麺類で中でも焼きそばがトップらしいです。

ただ、野外でのイベントはすべて同じことが言えるのですが、イベント成功の大きな要因のひとつにその日の天候があります。雨天中止のイベントが多いと思いますし、少雨実施でやったところでお客としてはハイテンションというわけにはいきません。この天候ばかりはいくら大会事務局が努力したところでどうにもなりません。しかも天候が人の気持ちに与える影響はとても大きいので、野外イベントにとっては一番の心配事になります。

だからこそ、天候に恵まれたときの「野外」プラス「食べ物」のイベントは天候がいいというだけでテンションが上がってしまうのです。天候が人間の力でどうにもならないという神のみぞ知る世界ということが私たちの脳に刻み込まれているからかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ