日本昔ながらの野外イベントであるお祭り

日本国内には海外発祥の野外イベントが多くありますが、日本オリジナルの昔ながらの野外イベントといえばお祭りがあります。お祭りでは、昔から神を祀るというような意味を持ったものがほとんどでしたが、現代においては祭りの意味を理解している人は多くはありません。ほとんどの人が、祭りの雰囲気自体を楽しんでいるというもので、特に露店が並ぶ祭りの空間に自分を溶け込ませることを楽しんでいる人たちがほとんどでもあります。

祭りが行われる時期はだいたいが夏か秋に集中しており、その中のイベントとして花火も打ち上げられたりします。花火を見ることを目的として開催されるお祭りも少なくありません。大空に打ち上がる花火の魅力は、今も昔も変わらないものです。

祭りは全国各地で行われ、地域ごとの特色も出るものですが、どこでも共通しているのが露店の存在です。露店が道の両端にズラーッと並んでいる景色を見ると、誰もが気分が高揚するものです。出店料はそこまで高いわけではないのでお店も出しやすいのでしょう。その景色こそが現代における祭りの姿とも言えますが、露店で販売されているものは時代によって変化も見せています。最近では洋風の食べ物も普通に売られるようになり、中には外国人の店主もいたりするなど、グローバルな形を見せています。

祭などで露店を出店するには、色々なところから様々な許可を取り付ける必要があります。移動販売車のように、交渉をすればどこでも販売できるという訳ではなく、昔ながらの伝統が元としてあるので、新参者として祭りの場に自分オリジナルの店を出店するのは難しいとされています。いきなりは無理でも、将来的に露店を出して商売をしたいのであれば、露店で働いている人の元で働き、下積みを積むのも方法としてはあるようです。

多くの人にとって、地元以外の祭りに参加する機会は中々ないことだと思いますが、地域オリジナルの食べ物や催し物がそれぞれの地域にはあるため、どんな祭りに参加しても面白いものが祭りにはあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ