日本でも流行を始めた野外イベント

海外では昔から音楽フェスやダンスフェスティバルなど、野外で大勢が集まって歌と音楽と踊りを楽しむというイベントがたくさんありました。
ジャマイカなどではレゲエは皆でダンスをしながら楽しむという認識なので、街のあちこちで歌と踊りを楽しむ風景が当たり前のように見ることができます。
ブラジルのサンバもリオのカーニバルが有名で、朝から晩まで音楽を鳴らしてダンスをし続けるというお祭りが、国を挙げてのイベントとしてあります。
他にも大人から子どもまで町中どこでも水鉄砲で水を掛けあうイベントや、砂浜で楽しむレイヴと呼ばれるイベントまで様々な野外イベントが海外では親しまれています。
日本では民族的にも性格的にも人前で騒ぐようなイベントは少数でしたが、近年はフジロックなどを中心に夏の野外で開催される音楽イベントが増加中です。
フジロックは毎年3日間に渡りテントを使った泊りがけのファンも現れるような音楽フェスで、海外からのアーティストも多数来日して参加している、日本が誇る音楽野外イベントの一つです。
他にも野外イベントとしてはカラーランという色鮮やかなパウダーを浴びながら、全身をカラフルに染めて走るという謎のイベントも各地で行われています。
これも海外から輸入されたイベントで、ここ数年は多くのランナーが参加していると報道されています。
そして日本らしい野外イベントと言えば、ラーメンや肉フェスなどの食べ物に関するイベントで、横浜や駒沢公園で行われるイベントにはチケットが完売するほどの人気で、毎回多くのファンが訪れています。
全国B級グルメなどのイベントも、野外の屋台で作られた各地のグルメに舌鼓を打つお客さんの姿が、テレビやインターネットでも取り上げられたと思います。
このように最近は日本国内でも様々な野外イベントが行われており、大小問わず毎日のように各地で人が集まっています。
有名な野外イベントだけではなく、近所で行われているような小さな野外イベントも意外と面白いかもしれないので、ぜひ探して参加してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ