情報商材は本当に稼げるのか?優良商材か悪質商材かどっち?

情報商材というものをご存じでしょうか?多くはビジネスや恋愛などのテクニックを情報化し価値をつけ商品にしたものが情報商材です。このサイトでは数ある情報商材が本当に稼げるのか分析し、稼げないものは稼げない稼げるものは稼げるとジャッジしています。

タップイズマネー結局稼げるのか?その後改めて調べてみました!※追記あり

time 2018/04/20

タップイズマネーの進捗

このサイトでは以前もタップイズマネーに関する記事を書きました。
その時の記事はこちらから見れます。未経験でも稼げる?!タップイズマネーというビジネスが優秀らしい!!

かなり期待できるビジネスとして紹介しました。あのあと少し動きがあったので今回は進捗や評判に関する情報を紹介していきます。

タップイズマネーって結局稼げるの?どうなの?

前回の記事でも比較的期待度が高く優秀そうだと書きました。
あのあともタップイズマネーについて探ってみましたが、やはり結論は変わらず良さそうなビジネスだと言う事がわかりました。

タップイズマネーで稼げている人の存在が確認できましたし、口コミでイイ評判を見つける事ができました。
ネットビジネスの中には一見すると良さそうだけどスタートしてビジネスの内容を見たら「がっかりした・・」とかノウハウとして役に立つのか疑問に感じるような教材も存在するようです。

例えば稼げるビジネスと見せかけて実際は「アフィリエイトで頑張って稼ぎましょう!」「アドセンスで頑張りましょう!」という教材もあってユーザーの求めている情報とは違ったものが提供されるケースもあります。
確かにアフィリエイトで収入を得ている人はいますし、アドセンスを使って収入を得ることは可能です。しかし、ユーザーが求めている情報はそこでは無いんです。

初心者でもリタイヤしないようなビジネスモデルできちんと稼げる教材こそ真に求めている事だと思います。
タップイズマネーはそれに該当する稼げるビジネスだと感じています。

その根拠は3つあります。

1つ目は収入を得ることができる負担の少ないビジネスという点

これは以前の記事でも少し触れていますが本当に稼ぎたいならちゃんと続けられるビジネスにしましょう。
タップイズマネーは月収200万円を目指し稼げるビジネスとありますが、私のお勧めの利用方は本業と並行して行う副業方式です。

本業をしながら月に10万円を目指せばそれなりに充実した生活を送る事は出来るでしょう。
もし、専業主婦で今仕事をしていないというのであれば家事の合間に作業をして月収200万円を目指しても良いでしょう。

稼ぎたい金額に応じて作業時間や量を増やせは200万円という金額はそう遠くない金額です。
世の中には月収200万円以上稼いでいる人は沢山います。そのほとんどが自営業や投資関係です。タップイズマネーもいうなれば自営業のようなものです。

自分でやりたいと思ってはじめ、少しづつ成長していくことでそれに応じた収入を得る事が出来ます。
運営していくことでついてくる知識や経験は少しづつ積み重ねていくことで収入を増やしていくこともできます。

そのため一度はじめた副業やビジネスはきちんとした結果を出すまでは続けた方がイイです。
本業が忙しい中で続けられるビジネスとしてタップイズマネーが稼げると私は考えています。

2つ目としてはタップイズマネー第1期生の言葉です

実はタップイズマネーは今回が第2回の募集となり今回の募集で終了してしまうようです。かなり人気があるようで募集がいつまでかはわかりません。
もし、この記事を読んでいただいたタイミングで募集が終了していた場合は申し訳ございません。情報がわかり次第また記事にしてご報告します。

話を戻しますが、この第1期生がタップイズマネーの感想やその時の話をしている動画を見ました。
本当はその動画を見てもらいたいですが、個人の判断で情報を公開してもいいかわからないので今回は控えさせていただきます。情報漏えいの問題もありますからね。

ただ、その動画の内容としては
・どこでいつタップイズマネーを知ったのか?
・タップイズマネーで稼ぎはじめて生活がはどのように変化したか?
・今後どうしていきたいか?

というインタビュー方式のものでした。多くの方は知人から教えてもらったそうです。1人だけネットで調べて直接電話したというアクティブな人がいました。
動画を見ると生き生きして楽しい人生を送っているだろうと言うのがうかがえます。動画を見つけた際はぜひ見てみてください。

3つ目は再現性の高いビジネスだと言う事です

ネットビジネスで一番大切な点は購入者の満足度です。結局お金を稼ぎたいからやっているので結果が伴って「はじめて良かった!」「やって良かった!」と思ってもらえるようなビジネスは良いビジネスです。
しかし、ネットビジネスの中には良いビジネスと悪いビジネスがあります。前者はタップイズマネーのように満足度が高いビジネスで後者は満足度が低いビジネスです。

誇大広告やサポートの質も影響していきますが、一つの判断基準となるのが再現性です。再現性が低いとそのビジネスモデルには何らかの欠点がある可能性が高いです。
再現性とは想定の水準に達する事の出来た人数を確立であらわしたものです。再現性50%とあれば参加した人の50%が提案者の考える水準に達しているという事になります。

そこを押してくるという事はこのノウハウに相当な自信があると言う事です。私自身もタップイズマネーについて色々調べましたが、満足度が非常に高いという事がわかっています。
2つ目の理由で説明した第1期生の言葉もそうですし、タップイズマネーの口コミを調べても好評です。

タップイズマネーのビジネスモデルが判明しました!

※追記しました。
今まで謎に包まれていたタップイズマネーの詳しいビジネスモデルをついにキャッチする事が出来たのでご紹介します。

一見、写真を取って送るだけで即日入金と言うと夢のようなビジネスですが、なんとその言葉に偽りが無い事が判明したんです。

写真を送るだけでお金が手に入るその秘密は、タップイズマネー購入時に配布されているお小遣いアプリにありました。このアプリというのは写真を撮る事が出来ますが、写真を撮る為のアプリではないんです。

実はこのアプリ、送信された写真に写ったアイテムを瞬時に査定する質屋アプリだったんです。

最近ではDMMが70億円で質屋アプリの開発会社ごと買い取ったりして話題になっているアレです。

広告に「応募数の多さにサービスを停止していた禁断のアプリ」とありますが、本当にその通りでサービス初日に16時間稼働しただけでサービス停止に追い込まれるほど応募者が殺到した人気アプリなんです。

現在はDMMが運営するCASHやメルカリNowというアプリが質屋アプリのサービスを行っています。

このアプリの目的は極限まで物を売るという行為を簡単にする事で、今後発展するであろう次世代市場として注目を集めているんです。

実際に撮影して査定が終わった後に査定額が気に入らなければ、もちろん拒否できますし、金額に納得すれば、商品の集荷が来る前に現金を引き出せるという夢のようなアプリなんです。

タップイズマネーはそんな質屋アプリと、新しく出来たばかりの次世代市場を攻略する為のノウハウがセットになった情報商材というわけです。

ノウハウの内容に関してはまだ入手に成功していませんが、何か分かり次第また追記させて頂きます。

タップイズマネーはやはり優良商材

今回は追記としてタップイズマネーについて調べましたが、やはり私としてはお勧め度の高いビジネスです。

質屋アプリで売りたいものを査定してもらい、金額に納得がいけば即日入金してもらえるので1日目からお金を稼ぐ事ができます。

売りたい商品もアプリ運営側から集荷に来るので難しい作業もありません。お皿を洗っている間に放置プレイで月収200万や再現率100%、”全く稼げない”ということは限りなくゼロに近いと言い切れるのも納得の内容です。

質屋アプリに興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

down

コメントする




情報商材が本当に稼げるか真相を暴露します!!

ガチで情報商材稼げる情報商材とは

 

このサイトは情報商材をメインに記事を書いています。
本当に稼げる情報商材は
あるのか?
無いのか?
あるならどんなビジネスなのか?

詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

アーカイブ