ケータリングカーは都会の小さなオアシススポット

最近のケータリングカーは本当に魅力的で、見ただけでも興味をそそられるし、美味しそうでつい買って食べたくなってしまいます。コンパクトで小さなスペースの中に、食べ物のワンダーランドが広がっています。
車のデザインもおしゃれでカワイイです。機動性が高いので、簡単にどこにでも移動できます。街角の広場やオフィス街の一角に車を止めると、何も宣伝しなくてもランチタイムにはビジネスマンが大勢やってきます。それ程今のケータリングカーには大きな集客力のポテンシャルがあるといえるでしょう。

走る時や移動の際には普通の車でも、一旦駐車して窓やドアをオープンして準備が整えば、すぐにステキな飲食店の出来上がりです。ポップや商品のポスターなどが効果的にお客の食欲をそそります。確かに見た目は大切ですが、売り上げを伸ばすのに一番重要なのは、食べ物の味です。

ところが一口食べると、その本格的な美味しさには本当に驚かされてしまいます。普通の専門店にも決して負けないどころか、1度食べると癖になってつい何度でも足を運んで食べたくなるほどのクオリティなのです。1つの移動販売車だけでなく、全体的にケータリングカーの商品は美味しいというイメージが定着しつつあるといえます。つまり全体の相乗効果で、益々売り上げが向上していくのです。

商品選択のセンスも抜群で、日ごろは余り近くのお店には売っていなくて中々食べられない商品も魅力的です。例えばケバブなどは、売っているのを見ただけでも、少し食べてみたいなと思ってしまいます。しかもメインメニューのケバブの他にもローストチキンやフランクフルトソーセージなどがあれば、食欲倍増でつい財布のひももゆるんで買って食べてしまいます。

ケータリングカーの商品としては勿論ケバブだけでなく、他にも個性的な食べ物の種類が沢山あります。定番系のメニューとして、クレープやホットドッグやポテトやアイスクリームなども安定して根強い人気があります。美味しさと夢を運ぶケータリングカーは、都会の小さなオアシススポットともいえるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ