ケータリングカーのメリットやオフィス街での特性

都会に転勤になって、オフィス街で働くようになったのですが、最近になってランチタイムによく見かけることが増えた存在といえばケータリングカーです。
いろいろなケータリングカーが美味しいお弁当や洒落た丼ぶりメニューやユニークなサンドイッチ系のメニューを売っていたりするので、都会はすごいなと感心しました。
地方で田舎の地方都市で働いていた頃は、ケータリングカーなど会社周辺ではまず出会うことがなかったのですが、最近の都会のオフィス街においては、お弁当などランチに適したメニューを扱っている、サラリーマンやOLに嬉しいケータリングカーが豊富に存在してます。
コンビニでお弁当を買うという人もいますが、コンビニやスーパーではなく、ケータリングカーで売られている弁当の方が作りたてという特徴があるので、非常に新鮮で美味しかったりします。
また、工場生産されているコンビニ弁当よりも、ケータリングカーはその場で調理をするといった特性や、出来立てのものを持ってくるという特性があるので、安全性が高いものや、より手作りの状態に近いものを食べられるといったことも嬉しいです。
オフィス街以外のケータリングカーは、ドーナツやジェラートやクレープなど、スイーツ系のメニューを扱っているケースが多い気がします。
また、夏フェスやお祭りの会場では、からあげ屋さんや焼きそば、お好み焼き屋さんなども見かけたりします。
ケータリングカーは外食と違い、買った後は自分で自由に好きな場所で食べられる点も嬉しいです。
都会で働いていると、いざ飲食店に入りたくても混み具合が気になることは多いです。
特に忙しかったり、仕事が慌ただしい時などは、ゆったり外食をする気分になれない時はありがちです。
しかしながら、ケータリングカーを活用すればお金をただ支払うだけでさっと手軽に昼食を入手することができるので助かります。
外食しなくても、出来立ての状態の温かい料理を食べられたり、その場で調理したての新鮮なものを食べられるので、ケータリングカーはお昼時の癒やしです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ