家庭では味わえない、飲食店の魅力とは何か?

安く食事したいだけであれば、スーパーで買った食材を家庭で調理するのがもっとも効率的です。メニューは自由自在ですし、他人に気を遣う必要もありません。ただ、飲食店での食事には、家庭ではとても味わうことができないような魅力があるのではないでしょうか。単に出された料理を食べるだけの場所ではなく、一種のエンターテインメント空間であるためです。
たとえば、最近は隠れ家のような、商業地からはちょっと離れた住宅地にあるようなお店が人気ですね。お客様は、飲食店としての料理を提供するサービスだけを求めているわけではなく、森に囲まれていたり、おしゃれな邸宅街にあるような、その場所とお店自体に愛着を感じており、そこでお友達やほかのお客様たちと楽しい時間を共有したいという気持ちがあるのではないでしょうか。食事が栄養を摂取するだけの行為ではなく、コミュニケーションの手段であることも考えれば、これは当然であると考えられます。
もちろん、飲食店の最大の魅力は、多彩なメニューを楽しめることです。現在は多くのレシピ本が発売されていますし、インターネット上のサイトで簡単にレシピを見ることができるようになりましたが、家庭でできることには限界があります。火力が強いオーブンを備えることができる一般家庭はなかなかありませんし、スーパーでは購入することが難しい食材もあります。お客様の手を煩わせることなく、日常からかけ離れた料理を提供することこそ、プロのシェフに求められる役割です。
インターネットによって物流が大きく変化したことにより、小売業も変革を迫られています。どこでも買えるようなものであれば、わざわざ量販店や商店街に行く必要はなく、ネットで注文すれば済むと考える消費者が増えているのです。そのような中で、できたてのメニューを提供でき、お店の雰囲気自体を楽しむことができる飲食店は、今後も安定した成長性が見込める産業であると言えるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ