飲食店で働くときに注意したいこと

飲食店で働きたいと思っている学生や主婦の数は決して少なくありません。数あるバイトの中でも飲食店は求人数が多いほうです。採用率が高く応募して断られるようなことはまずありません。普通に日本語が話せて常識のある人ならすんなり採用されることでしょう。一見簡単な仕事のようですが、注意しなければならないことはいくつもあります。働き出してから困らないようにしっかり頭の中に叩き込んでおく必要があるのです。

飲食店の仕事でまず行うのは注文取りです。お客がどんな料理を注文するのか聞きにいくことになります。お客は美味しい料理が食べたくて店にきています。料理を美味しく味わうためには店の環境も重要です。店員がだらしない恰好をしてはいけません。寝癖があるならきちんと直してからお客の前に出る必要があります。女性であれば香水の利用は控えましょう。香水の匂いは食事の妨げになるだけです。化粧もほどほどにします。清潔でお客に違和感を持たせないような身だしなみを整える必要があるのです。

言葉遣いは敬語が基本です。どんなに親しい間柄のお客だったとしても節度ある行動をとらなくてはいけません。店員が発する言葉ひとつでお店の雰囲気はガラリと変わります。乱暴な言葉を使ってはいけません。上から目線で話しかけてもいけません。お客とは常に低姿勢で接するようにします。声ははっきりと発言するようにしましょう。小さい声でボツボツと喋ってはお客が不安がります。お客がこのお店にきてよかったと思えるように持て成すことが大切です。

病気やケガには十分注意しましょう。少しでも風邪をひいたらお客の前に出ることはできません。この仕事は健康な体があってこそはじめて成立します。普段の生活は規則正しく送るよう意識します。食事と睡眠はきちんととるようにしましょう。運動も大切です。飲食店の仕事は口だけでなく体も動かします。4時間以上立ち続けても平気なくらいの体力は必要です。そして、とにかくいつも元気にストレスを感じることのないような暮らしを送るようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ