飲食店を開業してみたい人の選択肢

飲食店を開業してみたいと考えてる人は増えてるようです。なかには思い切って移動販売者で生計を立てたい人もいるようです。
移動販売車 相場も安くはいですがやる気があるならできなくわないでしょうか。しかし今回は飲食店に話を絞りたいと思います。
飲食店を開業してみたい人にはいくつか選択肢があります。
開業する人は趣味が講じてという人や今の資金を増やしたい人などいろんな目的の人がいると思います。

今回はそんな開業の選択肢をいくつかご紹介します。

■フランチャイズ店に加盟する
まずは既にあるレストランやファーストフードのフランチャイズ店を始めるという選択肢です。
この方法は何と言っても最初からネームバリューが保証されていることです。
営業活動、広告費などは自分で行う必要が無いのでそういった仕事が発生せずに販売に集中できるという点が魅力ですね。
準備金は会社によってさまざまですが店舗を見つけて賃貸料だけを負担する場合は400万円程度。
既存店を引き継いで経営する場合には600万円程度から始められます。
月商は400万円~800万円程度と幅があり、利益も50万円~100万円と幅があります。
最初の負担は大きいですが、利益のバックも大きいのが特徴です。
元々自分でも慣れ親しんだお店で販売する側に立ってみると、お客さんたちの満足感を肌で感じることができ利益だけでは無いものが得られるのを感じるはずです。

■独立開業する
もう1つの方法が飲食店を独立開業をする方法です。
この方法は何と言っても自分の好きなものを販売できるということでしょう。
脱サラなどで趣味が講じて開店する人は今かなり増えてきています。
1からの開業なのでテナントを探して1から作る場合は500万円程度、以前のお店を改装する場合は200万円程度と幅があります。
開業までの費用はフランチャイズより少なめですが、脱サラなどで始めた場合、当面の生活費やお店の赤字分などの負担をする必要があります。
こちらは売上は頑張り次第なのであまり利益は出ないのが実情です。
平均して売上が300万円ほどあれば最低でも30万円ほどの利益が見込めて、あとはお店の賑わい次第ということが出来ます。
でもやはりこちらの開業は利益よりも自分の好きなものを料理して他の人に食べてもらえるという喜びが原動力になるはずです。
利益よりもやりがいといった人には断然こちらの選択肢が正解です。

いかがでしょうか。
飲食店の開業は利益、やりがいなど自分の行きたい方向性を決めてくれるでしょう。
こういったリスクを乗り越えて成功すれば必ずやりがいが出てくるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ