飲食店で飲食するときに注意していること

 飲食店に入ったときは、料理の評価以外でなるべく不快に感じないよう意識して努力しなければいけないと私は考えています。飲食店で飲食を済ませて外へ出たときに「満足できたな」と思えるように、こちらも意識しているのです。

 まず、飲食店へ入ったときは、自分が入店したということをホールスタッフにきちんと認識させることが手始めです。入店したらホールスタッフが必ず出迎えてくれるような飲食店ならその心配はないですが、そうでないチェーン店系の牛丼屋やラーメン屋などは、入店して着席したにもかかわらずホールスタッフがオーダーをとりにこないということが結構あります。そこで待たされてしまったのでは時間の無駄ですし、飲食店に対する印象は間違いなく悪くなってしまいます。ですから、それを防ぐために店内へ入店したらすぐに着席をするのではなく、ホールスタッフに自分が入ってきたことを確実に知らせてから着席するようにします。

 ホールに空席が少なくてまだ下げていない食器が置いてある場所に座ってしまったりすると、忙しい店員はその食器を下げに来なくてまったく気づかれないということがありますので、そういうときは一層配慮する必要があります。

 席についてオーダーを伝えるときは、ハッキリと言葉を発してオーダーの復唱についても注意して聞きます。そうすればオーダーした物が間違って配られる可能性はグッと低くなりますし、きちんと運ばれてくることが期待できます。

 食べ終わってから会計をするときも、他の人が会計をしている後ろに並ぶよう心がけています。そうすれば、会計時にホールスタッフがいなくて呼ばなければいけないという事態を回避することができますので、一手間の煩わしさを感じなくて済みます。

 そうして、飲食店で飲食を済ませて外へ出たときに「満足できたな」と思えるようにするための努力は、やっておくに越したことはありません。飲食店側がミスをしてもイライラしないように事前準備しておくと、満足しやすくなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ