イベント会場に移動するときには

夏場には、ビーチパーティーや花見、コンサートなど野外イベントに足を運ぶ頻度が多くなります。そのような時に注意したいのは、いつも大行列になってしまう事を想定した行動が大事です。

特に花見などが打ち上げられる数時間前には大行列になる可能性があるため、花火を目当てに行動をするのであれば、日が暮れる前の段階でイベント会場に到着している状況がベストだと言えます。

そして、イベント会場に来るまで行くのであれば、駐車場がどこも空いていない状況が想定されるのです。コインパーキングやその他の青空駐車であっても、スペースが全て埋まっているのであれば路駐するしかなくなってしまうのです。

祭りなどのイベントの期間中では、路駐をしてもレッカーで引っ張られていく可能性は低いのですが、罰金されるかもしれない状況でお酒を飲んだりしても楽しめない可能性があります。

その様な状況になる前に、イベントの規模とお客さんの集まり具合、そしてどこのパーキングが利用できるかなどの情報は事前に確認することができるので、そのあたりをチェックし早めの行動をしておくことが大事です。

また、野外イベントの場合は最終的に花火の打ち上げまでイベント会場にいることが多いのですが、そこから変えるまでが大変なのです。大行列の中で少しずつ移動し、駅で電車に乗るにも大混雑となっているので更に時間がかかってしまいます。

このような野外イベントで楽しむ為には、これらの人混みの中でうまく移動することが大事です。どこに何があり、どのような行動の方がメリットが多いのかある程度の情報集めて自分なりのパターンを見つけておくべきです。

そしてもう一つの野外イベントの面白いところは、露天で食料品を販売しているお店は、数時間後に店じまいとなる場合全て処分価格で売る場合が多いのです。なので、美味しい食べ物がいくつも売られていて激安価格になっているのであれば、お土産を大量に購入する考え方も有効なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ